Actuate資料一覧

タイムアウト値等の設定で設定可能範囲外の値を設定する

2005/2/8更新

対応バージョン: 6

以下の範囲設定ファイルを変更してサーバを再起動し、管理画面から実際の値を変更する。

~actuate/AcServer/etc/acmetadescription.xml
~actuate/mgmtconsole/js/serverspropertiesfunctions.js

関連資料・記事

例えばMaximum Execution Time for Transient Reportsの値を変更する場合は以下の箇所を変更する。

~actuate/AcServer/etc/acmetadescription.xml

  1561 <Variable
  1562   Name="MaxSyncJobRuntime"
  1563   Type="UnsignedInteger"
  1564   Required="false"
  1565   DisplayName="Maximum Execution Time for Transient Reports (Seconds)"
  1566   TakesEffect="Immediate"
  1567   DefaultValue="300"
  1568   Range="0 999" ← この値(0 999)を変更(Maxは86400=12時間)
  1569   ContainerObject="ReportingService"/>

~actuate/mgmtconsole/js/serverspropertiesfunctions.js

  2045  if(validateText( getTrimmedFieldValue(frmProperties.fs_maxSyncJobRuntime))
  && ! validateRange(frmProperties.fs_maxSyncJobRuntime.v alue, 0, 999))
  ← この値(0, 999)を変更(値はacmetadescription.xmlと同じにする)
  2046  {
  2047    errMsgNumField = errMsgNumField + sColNameMaxSyncJobRuntime + " (0 - 999) \n";
  ← この値(0 - 999)を変更
  2048    errNum = false;
  2049  }

Actuate管理画面のServers > <サーバ名> > Factory ServiceのMax synchronous job runtimeパラメータ

変更内容は~actuate/AcServer/etc/acserverconfig.xmlに反映される。