Arduino資料一覧

Node.jsでRGBフルカラーLED(OSTA5131A)を点灯させる

2017/01/13更新

対応バージョン: Node.js 4.2.6, Johnny-Five 0.9.58

Node.jsでArduino UnoにつないだRGBフルカラーLED(OSTA5131A)(カソードコモン)を色を変えつつ点灯させる。

Node.jsを動かす母艦はUbuntu 16.04とする。

結線

結線は以下の通り。一番長いピンが左から2番目に位置する見え方の場合、左からR(Red)、GND、B(Blue)、G(Green)という並びになり、GND以外のピンはそれぞれ330Ωの抵抗を挟んでArduinoの6(R)、5(G)、3(B)ピンと接続する。

ソース

以下のようなコードを書きNode.jsで実行する。LEDの色が一秒おきに赤→緑→青と変わって最後に消灯する。

led_rgb.js
var five = require("johnny-five");
var board = new five.Board();

board.on("ready", function() {
  var led = new five.Led.RGB({
    pins: {
      red: 6,
      green: 5,
      blue: 3
    }
  });

  led.on();

  led.color("red");

  setTimeout(function() {
    led.color("green");
  }, 1000);

  setTimeout(function() {
    led.color("blue");
  }, 2000);

  setTimeout(function() {
    led.off();
  }, 3000);

});
実行
% node led_rgb.js
1484147909373 Device(s) /dev/ttyACM0  
1484147909404 Connected /dev/ttyACM0  
>>

関連資料・記事

参考サイト