Fedora資料一覧

LVM上のファイルシステムをリサイズ(拡張/縮小)する

2008/1/7更新

対応バージョン: 8

ファイルシステム拡張

LVM上のファイルシステムを拡張するにはまず器となる論理ボリュームを拡張し、次に中身のファイルシステムを拡張する。

ここでは1GBのファイルシステムを500MB拡張する手順を示す。

まず論理ボリュームの拡張にはlvresizeを使用する。これはオンラインで実行可能である。

# lvresize -L +500M /dev/datavg/datalv 
  Extending logical volume datalv to 1.49 GB
  Logical volume datalv successfully resized

# lvdisplay /dev/datavg/datalv
  --- Logical volume ---
  LV Name             /dev/datavg/datalv
  VG Name             datavg
  LV UUID             ZjRBAD-ln4K-VIUQ-zVxL-L05a-0SAL-lObINy
  LV Write Access     read/write
  LV Status           available
  # open              1
  LV Size             1.49 GB
  Current LE          381
  Segments            1
  Allocation          inherit
  Read ahead sectors  0
  Block device        253:0

次にファイルシステムを拡張する。

ファイルシステムの種類によって使用するコマンドやオンラインリサイズが可能かどうかが異なるので注意する。

ここではext3のファイルシステムについて説明する。

ext3はオンラインリサイズが可能なので、ファイルシステムをマウントしたままext2onlineを実行すると、lvresizeで拡張しておいた論理ボリュームのサイズに合わせて自動的に領域が拡張される。

# df
Filesystem               1K-blocks  Used Available Use% Mounted on
:
/dev/mapper/datavg-datalv  1032088 34092    945568   4% /mnt

# ext2online /dev/datavg/datalv
ext2online v1.1.18 - 2001/03/18 for EXT2FS 0.5b

# df
Filesystem               1K-blocks  Used Available Use% Mounted on
:
/dev/mapper/datavg-datalv  1535856 34344   1423492   3% /mnt

ファイルシステム縮小

LVM上のファイルシステムを縮小する場合、拡張の時とは逆にまず中身のファイルシステムを縮小し、次に器である論理ボリュームを縮小する。

ファイルシステムの種類によって使用するコマンドやオンラインリサイズが可能かどうかが異なるので注意する。

ここではext3の1.5GBのファイルシステムを500MB縮小する手順を示す。

まずファイルシステムの縮小であるが、ext3はオンラインリサイズができないのでいったんアンマウントしてからfsck.ext3を使用してファイルシステムの整合性チェックを行った後にresize2fsにて領域を縮小し、再度マウントする。

# df
Filesystem               1K-blocks  Used Available Use% Mounted on
:
/dev/mapper/datavg-datalv  1535856 34344   1423492   3% /mnt

# umount /mnt

# fsck.ext3 -f /dev/datavg/datalv
e2fsck 1.38 (30-Jun-2005)
Pass 1: Checking inodes, blocks, and sizes
Pass 2: Checking directory structure
Pass 3: Checking directory connectivity
Pass 4: Checking reference counts
Pass 5: Checking group summary information
/dev/datavg/datalv: 11/196608 files (9.1% non-contiguous), 14766/390144 blocks

# resize2fs /dev/datavg/datalv 1024M
resize2fs 1.38 (30-Jun-2005)
Resizing the filesystem on /dev/datavg/datalv to 262144 (4k) blocks.
:
The filesystem on /dev/datavg/datalv is now 262144 blocks long.

# mount /dev/datavg/datalv /mnt

# df
Filesystem               1K-blocks  Used Available Use% Mounted on
:
/dev/mapper/datavg-datalv  1032088 34092    956056   4% /mnt

次に論理ボリュームを縮小する。

論理ボリュームのリサイズにはlvresizeを使用する。これはオンラインで実行可能である。

# lvresize -L -500M /dev/datavg/datalv 
  WARNING: Reducing active and open logical volume to 1.00 GB
  THIS MAY DESTROY YOUR DATA (filesystem etc.)
Do you really want to reduce datalv? [y/n]: ← y
  Reducing logical volume datalv to 1.00 GB
  Logical volume datalv successfully resized

# lvdisplay /dev/datavg/datalv
  --- Logical volume ---
  LV Name             /dev/datavg/datalv
  VG Name             datavg
  LV UUID             ZjRBAD-ln4K-VIUQ-zVxL-L05a-0SAL-lObINy
  LV Write Access     read/write
  LV Status           available
  # open              1
  LV Size             1.00 GB
  Current LE          256
  Segments            1
  Allocation          inherit
  Read ahead sectors  0
  Block device        253:0

関連資料・記事