Fedora資料一覧

IPエイリアスの設定

2008/1/23更新

対応バージョン: 8

/etc/sysconfig/network-scripts配下にNIC毎の設定ファイルがあるので、例えばeth0に対してIPエイリアスを設定する場合は新たに「:1」付きのifcfg-eth0:1を作成する。

例)

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:1
DEVICE=eth0:1
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.253.255
IPADDR=192.168.253.199
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.253.0
ONBOOT=yes

次にこのeth0:1を有効にする。

# ifup eth0:1
# ifconfig eth0:1
eth0:1  Link encap:Ethernet  HWaddr 00:03:47:B2:0C:FA    
        inet addr:192.168.253.199  Bcast:192.168.253.255  Mask:255.255.255.0
        UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1

設定ファイルでONBOOT=yesの場合は次回ブート時にこのIPエイリアスが自動的に有効になる。

手動で有効/無効を切り替えたい場合はここをnoにしておく。

関連資料・記事