Fedora資料一覧

Xサーバへのリモートホストからの接続を許可する

2008/8/2更新

対応バージョン: 6,7,8,9

以下の設定を行ってgdmを再起動する。

ファイアウォール設定

TCPの6000番ポートを開ける。

gdm設定

Fedora9の場合

/etc/gdm/custom.confの[security]タブに以下の設定を追加

DisallowTCP=false
Fedora8以前の場合

gdmsetupを起動して[セキュリティ]タブの以下のチェックを外す(Fedoraのバージョンによってチェック項目が異なるので注意する)。

(Fedora 7,8)

□ Xサーバへの転送を禁止する

(Fedora Core 6)

□ TCP接続を禁止する

許可するホストをxhostで設定

特定のホストを許可する場合
xhost +192.168.0.1
全てのホストを許可する場合
xhost +