Fedora資料一覧

sshfsを使用する

2007/11/10更新

対応バージョン: 6,7,8

sshfsを使用するには基本的にクライアント側での設定だけでよく、サーバ側ではsshdが起動していて必要に応じてsftp-serverが起動するようになっていればよい。

以下、クライアント側の設定を示す。

fuse-sshfsパッケージインストール

# yum install fuse-sshfs

各種パーミッション変更

# chmod o+rw /dev/fuse

これを実行しないとsshfs実行時に「fuse: failed to open /dev/fuse: Permission denied」というエラーになる。

# chmod 4755 /bin/fusermount

これを実行しないとsshfs実行時に「fuse: failed to exec fusermount: Permission denied」というエラーになる。

マウント

以上で設定は完了で、あとは以下の要領でファイルシステムをマウントする。

% sshfs [アカウント@]<サーバ>:[ディレクトリ] <マウントポイント>

例えば、クライアント側と同じアカウントがサーバにあってそのホームディレクトリを~/serverにマウントする場合は以下のようにする。

% sshfs <サーバ>: ~/server

(*) <サーバ>の後の「:」を忘れないこと。

アンマウント

アンマウントは以下の手順で行う。

% fusermount -u <マウントポイント>

関連資料・記事