Fedora資料一覧

tmpfsを使用する

2008/6/23更新

対応バージョン: 9

/tmpや/var/tmpなど一時ファイルの保管場所として利用する場所にtmpfsを割り当てるとディスクI/Oの代わりにメモリアクセスが行われるのでパフォーマンスが向上する。

ここでは/tmpにtmpfsを割り当てる手順を紹介する。

既存の/tmp配下のファイルを削除

/tmp配下に存在するX Window SystemやInput Methodなどの一時ファイルをあらかじめ削除する。

この作業はランレベル1(シングルユーザモード)で行う。

/etc/fstabに設定追加

/etc/fstabに/tmpの設定を追加する。

:
tmpfs    /dev/shm  tmpfs  defaults 0 0
tmpfs    /tmp      tmpfs  defaults 0 0 ← 追加
:

尚、デフォルトでは搭載メモリの半分までの領域がtmpfsで使用可能なので、この制限を変えるには以下のようにsizeオプションで指定する。

tmpfs    /tmp      tmpfs  defaults,size=512m 0 0

リブート

確認

% df -F tmpfs
Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
tmpfs        241180     24  241156    1% /dev/shm
tmpfs        241180     24  241156    1% /tmp ← tmpfsが/tmpにマウントされている