JP1/AJS2資料一覧

JP1ジョブネットやUNIXジョブの属性を調べる方法(ajsprint)

2005/2/8更新

対応バージョン: 6

ajsprintを使用する。

主な使用方法

ajsprint -F サービス名 -f 出力フォーマット [-J ジョブ|-N ジョブネット|-G ジョブグループ]

その他のオプションについてはajsprintのマニュアル参照。

使用例

サービス名

本番サーバ2(sccs018)

出力フォーマット

ジョブの保留状態(%ha)とジョブ(ネット)名(%JN)

再帰出力指定

-R

出力対象

ジョブ(-J)

対象ジョブネット

/LIVE-TEST

% ajsprint -F sccs018 -f "%ha %JN" -R -J /LIVE-TEST
no /LIVE-TEST/backup/clustertest/ctest2/UNIXジョブ
:
yes /LIVE-TEST/foo/test_wait/sleep1 ← 保留
:

各の先頭のno/yesはジョブの保留状態を示す。

no

未保留

yes

保留

注意点

当ツールはJP1に対するAdmin権限があるユーザで行なうこと。