JP1/AJS2資料一覧

rootでジョブネットを実行するとエラーにはならないものの「詳細情報」ウィンドウに「stty: tcgetattr: タイプライタではありません」というメッセージが表示される

2005/2/8更新

対応バージョン: 6

rootのログインシェル(B-Shell)の初期設定スクリプトである/.profile内に端末設定を行なうsttyコマンドが記述されているが、ジョブネットを起動する場合は端末がない状態なのでsttyが上記のメッセージを出力する。

ジョブネットの実用上問題はないが、メッセージを抑止したい場合は/.profileを以下のように変更してジョブネット実行時はsttyが実行されないようにする。

(変更前)

20  if [ ! "$DT" ]; then
21     stty dec crt new
22  fi

(変更後)

JP1起動の場合に設定される環境変数JP1JobIDが設定されていない場合「のみ」sttyを実行するようにする。

20  if [ ! "$DT" ]; then
21    if [ ! "$JP1JobID" ]; then ← 追加
22      stty dec crt new
23    fi ← 追加
24  fi