Mac OS X資料一覧

plistのメンテナンス方法(plutil)

2008/1/18更新

対応バージョン: 10.5(Leopard)

plistをCUIでメンテナンスするにはplutilを使用する。

以下、主な使用方法を記す。

plistの文法チェック

plistが正しく記述されているかをチェックする。

正しい場合は「ok」、誤っている場合はその箇所が示される。

% plutil -lint <plistファイル>

例) 正しいplist

% plutil -lint foo.plist
foo.plist: OK

例) 誤ったplist (タグが正しく閉じられていない)

% plutil -lint bar.plist
bar.plist:
XML parser error:
        Close tag on line 62 does not match open tag integer
Old-style plist parser error:
        Malformed data byte group at line 1; invalid hex

plistの形式変更

plistの形式をバイナリ、XMLいずれかに変換する。

バイナリ形式へ変換する
% plutil -convert binary1 -o <出力ファイル名> <plistファイル>
XML形式へ変換する
% plutil -convert xml1 -o <出力ファイル名> <plistファイル>

尚、-oオプションを省略すると変換元のファイルそのものを書き換えるので注意が必要である。