MySQL資料一覧

フルバックアップの方法

2007/12/19更新

対応バージョン: 5.0.51

静的バックアップには以下の2通りの方法があるので目的に応じてどちらかを選ぶ。

mysqldump

mysqldumpはテーブルの定義とデータをテキストファイルで出力する。

# mysqldump --tab=<バックアップ先ディレクトリ> <DB名>

これによりバックアップ先ディレクトリにテーブル毎に以下の2ファイルが作成される。

<テーブル>.sql

テーブル定義(CREATE TABLE文)

<テーブル>.txt

データ(テキスト形式)

全てのデータベースのフルダンプを行う場合は以下のようにする。

# mysqldump --single-transaction --all-databases > backup.sql

(*) --single-transactionオプションによりmysqldumpで使用したデータは変更しない。

(*) ストレージエンジンはInnoDBとする。

mysqlhotcopy

mysqlhotcopyは/usr/local/mysql/var/配下のファイルをそのままの形式で別のディレクトリ、あるいは別のDBにコピーする。

# mysqlhotcopy <DB名> <バックアップ先ディレクトリ>

これによりバックアップ先ディレクトリにDB名のディレクトリが作成され、配下に以下の3ファイルがテーブル毎に作成される。

<テーブル>.MYD

データ

<テーブル>.MYI

インデックス

<テーブル>.frm

テーブル定義

尚、このツールはPerlのDBIモジュールを使用するので同モジュールがあらかじめインストールされている必要がある。

関連資料・記事