NetBackup資料一覧

メディアIDを強制的に書き込む方法(bplabel)

2007/8/18更新

対応バージョン: BusinesServer 3.4

bplabelコマンドを使用する。

# /usr/openv/netbackup/bin/admincmd/bplabel -ev <メディアID> \
-d <ドライブの密度> -p <ボリュームプール名> -n <ドライブ名>

例) 以下の設定の場合

メディア ID : 'CTLG01' (1〜6文字)
テープドライブの密度 : '4mm'

以下の密度が指定可能

4mm (4mm cartridge)

8mm (8mm cartridge)

dlt (dlt cartridge)

dlt2 (dlt cartridge alternate)

qscsi (1/4 in cartridge)

(*) 以下の記録密度はNetBackup DataCenterでのみサポートされる

dtf (dtf cartridge)

hcart (1/2 Inch cartridge)

hcart2 (1/2 Inch cartridge alternate)

odiskwm (Optical disk-write many)

odiskwo (Optical disk-write once)

ボリュームプール名 : 'NetBackup'
ドライブ名 : 'DAT'

関連資料・記事

# /usr/openv/netbackup/bin/admincmd/bplabel -ev CTLG01 \
-d 4mm -p NetBackup -n DAT
Media contains tar-format data, overwrite it y/n (n)? (*)

(*) 元々のメディアがtarフォーマットだった場合はこのようなメッセージが表示されるのでメディアIDを書き込んでよければyとする。