NetBackup資料一覧

バックアップ終了後に生成されるログファイル/usr/openv/netbackup/bin/*_CALLEDの中に毎回新規に作成されるものがあるが、追加書き込みにしたい

2007/8/18更新

対応バージョン: BusinesServer 3.4

同ディレクトリにある*_notifyスクリプトを修正する。

例えばログファイルBACKUP_EXIT_CALLEDを生成するスクリプトはbackup_exit_notifyなのでこのスクリプトを以下のように修正する。

(修正前)

45  if [ -s $OUTF ]
46  then
47         /bin/rm -rf $OUTF
48  fi

(修正後) 4行をコメントアウトする。

45  #if [ -s $OUTF ]
46  #then
47  #       /bin/rm -rf $OUTF
48  #fi

これで追加書き込みになるが、このようにしておくとログファイルのサイズが際限なく増えていくのでどこかのタイミングで削除やローテートを行うような措置が必要である。