NetBackup資料一覧

カタログを使用せずにデータをリストアする

2007/12/12更新

対応バージョン: BusinesServer 3.4

何らかの原因によりカタログが破損し、またテープ等からのカタログ復旧も不可能な場合、テープから直接データをリストアすることができる。

手順は以下のとおりである。

テープをマウント(手動)

テープ上の対象データ格納ブロックに移動

例) デバイスが/dev/rmt/0、データ格納ブロックが10番目の場合

# mt -f /dev/rmt/0cbn rew ... テープ巻き戻し
# mt -f /dev/rmt/0cbn asf 10 ... 対象データブロックに移動
# mt -f /dev/rmt/0cbn fsr 1 ... レコードを1進める

テープ内容確認

例)

# /usr/openv/netbackup/bin/tar -tvf /dev/rmt/0cbn -b 128

(*) OS標準のtarは絶対に使ってはならない。

(*) ブロックサイズ(-b)は64,128,256等から適宜指定する。

リストア

例)

# cd /tmp ... リストア先ディレクトリに移動

# mt -f /dev/rmt/0cbn asf 10
# mt -f /dev/rmt/0cbn fsr 1

# /usr/openv/netbackup/bin/tar -xvf /dev/rmt/0cbn -b 128

関連資料・記事