OpenBoot資料一覧

デバイスパスのエイリアスを定義する方法

2007/5/23更新

対応バージョン: 3

OpenBootファームウェアはデフォルトでdisk、cdrom、screen、netなどのエイリアスが定義されているが、nvaliasコマンドを使用するとユーザがデバイスパスのエイリアスを設定することが可能である。

ok nvalias <エイリアス名> <デバイスパス>

尚、エイリアスの設定内容を確認するコマンドはdevaliasである。

nvaliasを設定するとnvramrc変数に設定した内容が入り、use-nvramrc?変数が自動的にデフォルトのfalseからtrueに変更される。

これによりPROMの起動時にnvramrcに設定されているnvaliasが実行され、設定したエイリアスが使えるようになる。

また、nvaliasの設定を解除するには以下のコマンドを実行すればよい。

ok nvunalias <エイリアス名>

この設定はシステムのリセット後に反映される。