OpenBoot資料一覧

システム変数の種類と表示/変更方法

2007/5/23更新

対応バージョン: 3

システム変数一覧

システム変数には以下のようなものがある(括弧内はデフォルト値)。

auto-boot? (true)

自動ブートの指定。

trueの場合、電源投入/リセット時にシステムが自動的に起動する。

boot-command (boot)

auto-boot?がtrueの場合に実行されるコマンドを指定する。

boot-device (disk net)

起動するデバイスのエイリアス名を指定する。

boot-file (空白)

起動するプログラムに渡される引数を指定する。

この変数を使用する場合にはdiag-switch?の値がfalseである必要がある。

boot-fileの使用例を示す。

ok setenv boot-file kernel/unix ← 32bitモードで起動する場合
ok setenv boot-file kernel/sparcv9/unix ← 64bitモードで起動する場合
ok setenv boot-file kadb /kernel/unix ← kadbモードで起動する場合

diag-device (net)

診断モードの際の起動デバイスを指定する。

diag-file (空白)

診断モードで起動するプログラムに渡される引数を指定する。

diag-level (min)

実行される診断レベル(minまたはmax)を指定する。

diag-switch? (false)

trueの場合、診断プログラムが実行される。

fcode-debug? (false)

trueの場合、追加デバイスFCodeの名前フィールドを取り入れる。

input-device (keyboard)

電源投入時の入力デバイスを指定する(その他ttya、ttybなど)。

keymap (no default)

キーボードカスタマイズ用のキー割当を指定する。

nvramrc (空白)

NVRAM起動スクリプトを指定する。

oem-banner (空白)

カスタムOEMバナーである(oem-banner?がtrueで使用可能になる)。

oem-banner? (false)

trueの場合、カスタムOEMバナーを使用する。

output-device (screen)

電源投入時の出力デバイスを指定する(その他ttya、ttybなど)。

use-nvramrc? (false)

trueの場合、システム起動時にnvramrcのコマンドを実行する。

システム変数表示/変更方法

システム変数は以下のコマンドを使用して表示/変更することができる。

PROM上の場合

システム変数の設定値を表示する
ok printenv [変数]
システム変数の値を設定する。
ok setenv [変数] [値]
指定された変数をデフォルト値に戻する。
ok set-default [変数]
全ての変数をデフォルト値に戻する。
ok set-defaults

OSが起動している場合

システム変数の設定値を表示する。
# eeprom [変数]
システム変数の値を設定する。
# eeprom [変数]=[値]