OpenNTPD資料一覧

ntpd起動時に強制的にNTPサーバと時刻同期を行う

2008/2/3更新

対応バージョン: 3.9p1

ntpdは起動してから時間をかけてゆるやかにNTPサーバと時刻同期を行うが、強制的にNTPサーバと時刻同期を行うには-sオプション付きでデーモンを起動する。

# /usr/local/sbin/ntpd -s

起動後はそのまま運用しても構わないが、いったん終了させて通常モードで起動してもよい。

# pkill ntpd
# /usr/local/sbin/ntpd

関連資料・記事