OpenSSL資料一覧

OpenSSLインストール手順

2008/1/31更新

対応バージョン: 0.9.8g

公式サイト

準備

導入に必要なもの

openssl-0.9.8g.tar.gz

導入OS

Fedora 8

デフォルトでインストールされている関連ファイルは不要なので削除してよい。

/etc/pki/CAディレクトリ配下
/etc/pki/tlsディレクトリ配下
/usr/bin/openssl
/usr/lib/openssl/engines/*
/usr/share/doc/openssl-0.9.8b/*

(*) ただし以下のファイルは他のパッケージが依存しているので削除しないほうがよい。

/lib/libcrypto.so.*

/lib/libssl.so.*

インストール

配布ファイル展開

% tar zxvf openssl-0.9.8g.tar.gz
% cd openssl-0.9.8g

make,インストール

% ./config shared
% make
% make test
: (数分かかる)
`test' is up to date.

% su
# make install

インストール物 (man,infoは除く)

設定ファイル
/usr/local/ssl/openssl.cnf
OpenSSL本体
/usr/local/ssl/bin/c_rehash
/usr/local/ssl/bin/openssl

/usr/local/ssl/lib/engines/*
/usr/local/ssl/lib/libcrypto.*
/usr/local/ssl/lib/libssl.*
/usr/local/ssl/lib/pkgconfig/*

/usr/local/ssl/include/openssl/*
ツール
/usr/local/ssl/misc/CA.pl
/usr/local/ssl/misc/CA.sh
/usr/local/ssl/misc/c_hash
/usr/local/ssl/misc/c_info
/usr/local/ssl/misc/c_issuer
/usr/local/ssl/misc/c_name
認証情報格納ディレクトリ
/usr/local/ssl/certs
/usr/local/ssl/private

各種設定

ldconfigの設定ファイルにOpenSSLのライブラリディレクトリを追加する。

# vi /etc/ld.so.conf.d/openssl.conf
/usr/local/ssl/lib

# /sbin/ldconfig

# /sbin/ldconfig -p | grep /usr/local/ssl
        libssl.so.0.9.8 (libc6) => /usr/local/ssl/lib/libssl.so.0.9.8
        libssl.so (libc6) => /usr/local/ssl/lib/libssl.so
        libcrypto.so.0.9.8 (libc6) => /usr/local/ssl/lib/libcrypto.so.0.9.8
        libcrypto.so (libc6) => /usr/local/ssl/lib/libcrypto.so

openssl.cnfを適宜設定する。

設定内容については以下を参照のこと。

関連資料・記事