Solaris資料一覧

自マシンのホスト名を変更する(Solaris10)

2008/4/4更新

対応バージョン: 10

以下の修正を行いリブートする。

ホスト情報

ファイル中のホスト名を変更する。

/etc/inet/hosts
/etc/inet/ipnodes (*)
/etc/nodename
/etc/hostname.<interface>

(*) OSのリビジョンによってはhostsへのシンボリックリンクになっている場合があり、その場合は修正不要。

Solaris8では以下のファイルも修正対象であるが、Solaris10では修正不要(ファイル自体は存在する)。

/etc/net/ticlts/hosts
/etc/net/ticots/hosts
/etc/net/ticotsord/hosts

クラッシュダンプ保存ディレクトリ

ディレクトリ名を変更し、dumpadmコマンドで出力先の設定を変更する。

# mv /var/crash/<変更前ホスト名> /var/crash/<変更後ホスト名>

# dumpadm -s /var/crash/<変更後ホスト名>
          ダンプの内容: カーネル ページ
        ダンプデバイス: /dev/dsk/c0d0s1 (swap)
セーブコアディレクトリ: /var/crash/<変更後ホスト名>
      有効なセーブコア: はい

関連資料・記事