Solaris資料一覧

NTPクライアントの設定

2008/7/29更新

対応バージョン: 8,10

/etc/inet/ntp.confに以下の設定を追加してxntpdを起動(すでに起動していれば再起動)する。

server 172.20.61.101 prefer ← 優先サーバ
server 172.20.61.100 ← 予備サーバ(任意)
driftfile /var/ntp/ntp.drift ← 同期微調整用ファイル

xntpd起動/再起動

Solaris8

(起動)

# /etc/rc2.d/S74xntpd start

(再起動)

# /etc/rc2.d/S74xntpd stop
# /etc/rc2.d/S74xntpd start
Solaris10

(起動)

# svcadm enable ntp

(再起動)

# svcadm restart ntp

確認方法

% ntpq -p
     remote          refid   st t when poll reach  delay  offset  disp
======================================================================
*172.20.61.101  10.65.48.12   2 u   15   64  377    3.45   1.784  0.15
+172.20.61.100  10.65.48.12   2 u   14   64  377    2.87   1.422  0.09

確認方法の詳細については以下の資料を参照のこと。

関連資料・記事