Ubuntu資料一覧

Caps LockキーをCtrlキーにする(Ubuntu 15.10)

2015/12/27更新

対応バージョン: 15.10

Ubuntu15.10のUnityデスクトップでCaps LockキーをCtrlキーにするには以下の手順で設定する。

まずUnity/GNOMEのキーボードプラグインを有効化する。

% dconf reset /org/gnome/settings-daemon/plugins/keyboard/active

Caps Lockキーの設定は/org/gnome/desktop/input-sources/xkb-optionsで設定するのでまず現在の値を見る。

% dconf read /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options

デフォルトは未設定で、この場合だとCaps LockキーはCaps Lockとして、CtrlキーはCtrlとしてそれぞれ動作する。

この値を目的に応じて設定する。

Caps LockキーとCtrlキーを交換する
% dconf write /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options "['ctrl:swapcaps']"
Caps LockキーをCtrlキーに割り当てる(元々のCtrlキーはそのままCtrlとして動作する)
% dconf write /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options "['ctrl:nocaps']"
Caps Lockキーの割り当てを元に戻す
% dconf reset /org/gnome/desktop/input-sources/xkb-options

関連資料・記事