VERITAS VolumeManager資料一覧

ミラーリングしているディスクの片系障害時の対応(VolumeManagerから見ると正常の場合)

2008/3/1更新

対応バージョン: 3.2

ディスク障害でもVolumeManager(VxVM)から見て正常の場合は、それがOS起動ディスクかどうかに関わらず以下の手順でオンライン復旧が可能である。

障害ディスクをミラーから切り離す
障害ディスクを交換(ホットスワップ)
交換後のディスクをミラーに接続して再同期

以下、それぞれの手順を示す。

障害ディスクをミラーから切り離す

まず現状を確認する。
# vxdisk list
DEVICE   TYPE   DISK        GROUP    STATUS
c0t0d0s2 sliced root_disk   rootdg   online
c0t1d0s2 sliced root_backup rootdg   online

VxVM上では正常に見えるが、ここでは障害ディスクがc0t1d0であるものとする。

対象となるプレックスを確認する。
# vxprint -qth
Disk group: rootdg

dg rootdg         default    default     0        1185508025.1025.mota201a

dm root_disk      c0t0d0s2   sliced      2888     71124291 -
dm root_backup    c0t1d0s2   sliced      2888     71124291 -

v  rootvol        -          ENABLED     ACTIVE   62731746 ROUND  -      root
pl rootvol-01     rootvol    ENABLED     ACTIVE   62731746 CONCAT -      RW
sd root_disk-02   rootvol-01 root_disk   2889     62731746 0      c0t0d0 ENA
pl rootvol-02     rootvol    ENABLED     ACTIVE   62731746 CONCAT -      RW
sd root_backup-01 rootvol-02 root_backup 0        62731746 0      c0t1d0 ENA

v  swapvol        -          ENABLED     ACTIVE    8389656 ROUND  -      swap
pl swapvol-01     swapvol    ENABLED     ACTIVE    8389656 CONCAT -      RW
sd root_disk-01   swapvol-01 root_disk   62734635  8389656 0      c0t0d0 ENA
pl swapvol-02     swapvol    ENABLED     ACTIVE    8389656 CONCAT -      RW
sd root_backup-02 swapvol-02 root_backup 62731746  8389656 0      c0t1d0 ENA
障害ディスクのプレックスをボリュームから切り離して削除する。
# vxplex -g rootdg -o rm dis rootvol-02
# vxplex -g rootdg -o rm dis swapvol-02
障害ディスクをディスクグループより切り離す。
# vxdg -g rootdg rmdisk root_backup
# vxdisk list
障害ディスクをVxVMで使用できない状態にする。
# vxdiskunsetup -C c0t1d0

障害ディスクを交換する(ホットスワップ)

OSをシャットダウンすることなく、オンラインでディスク交換が可能である。

交換後のディスクをミラーに接続して再同期する

新しいディスクをVxVMで認識させる。
# vxdctl enable
VxVMでディスクを使用できる状態にする。
# vxdisksetup -i c0t1d0
ディスクグループへ追加する。
# vxdg -g rootdg adddisk root_backup=c0t1d0s2
# vxdisk list
ミラーの再同期を行う。
# vxmirror root_disk root_backup
確認
# vxprint -qth