X Window System資料一覧

ktermで日本語を表示すると表示が乱れる

2007/7/29更新

ktermでフォントを指定して使用している場合に日本語を表示すると英数字が小さなフォントに変わってしまい表示が乱れてしまうことがある。

ktermでは起動オプションで文字の種類によって漢字(-fk)、英数字(-fn)、半角カナ(-fr)に対してフォントを指定できる。

文字表示が乱れる原因としては、例えば漢字のフォントにk14以外のフォントを指定してそれ以外の英数字や半角カナのフォントを指定していないことなどが考えられる。

例えば一部のフォントしか指定しないとこのようなトラブルのもとなので、全てのフォントを指定するようにする。

悪い例

% kterm -fk kanji16 -fn a16 &

良い例

% kterm -fk kanji16 -fn a16 -fr r16 &

また、このようなフォント指定は起動時のオプション以外にリソース(KanjiFont,Font,RomanKanaFont)でも指定できる。

KTerm*KanjiFont: kanji16
KTerm*Font: a16
KTerm*RomanKanaFont: r16