X Window System資料一覧

-bwオプションで境界線の幅を指定しているのに無視される

2007/7/29更新

twmをウインドウマネージャとして使用している場合にこのようなことが起きる。

twmを動かしている状態ではクライアントで-bwオプションを指定しても表示されるウィンドウの境界線の幅は変わらない。

これはtwmがウィンドウの境界線の幅を管理しており、デフォルトではBorderWidth変数に指定された値の幅に統一しようとするからである。

このような場合には.twmrcファイルにClientBorderWidth変数を指定してtwmを再起動すればよい。