CentOS資料一覧

NICのMACアドレスが変わるとインタフェース名が変わってしまう(CentOS 6)

2014/2/11更新

対応バージョン: 6.5

CentOSはNICのMACアドレスとインタフェース名の紐付けを以下のファイルで(自動で)行っているのでMACアドレスが変わった場合はこのファイルを削除してOSを再起動すればよい。

# rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

尚、このMACアドレスが/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethXファイルのHWADDR行に書かれている場合は変更後のMACアドレスに修正するか行ごと削除する。

HWADDR=00:0C:29:A3:8B:69