Fedora資料一覧

別マシンで使用していたLVMボリュームを使用する

2008/7/7更新

対応バージョン: 9

外付けハードディスク等、別マシンで使用していたLVMボリュームを使用する場合、そのままではボリュームが使用不能状態になっているので、lvchangeコマンドで当該ボリュームを使用可能に設定してから通常のマウントを行う。

一応PV、VGのチェックを行い、LVの設定を変更する。

例) ext3の/dev/datavg/datalvを使用する場合

% sudo pvscan
  PV /dev/sdb1   VG datavg       lvm2 [38.17 GB / 0    free]
  Total: 1 [38.17 GB] / in use: 1 [38.17 GB] / in no VG: 0 [0   ]

% sudo vgscan
  Reading all physical volumes.  This may take a while...
  Found volume group "datavg" using metadata type lvm2

% sudo lvscan
  inactive      '/dev/datavg/datalv' [38.17 GB] inherit
  → 使用不能

% sudo lvchange -ay /dev/datavg/datalv ← ボリュームの状態変更(available=y)

% sudo lvscan
  ACTIVE        '/dev/datavg/datalv' [38.17 GB] inherit
  → 使用可能

LVを使用可能に設定すると以下のデバイスファイルが作られる。

% ls -l /dev/datavg/datalv
lrwxrwxrwx ... /dev/datavg/datalv -> /dev/mapper/datavg-datalv

% ls -l /dev/mapper/datavg-datalv
brw-rw---- ... /dev/mapper/datavg-datalv

あとは普通にマウントして使用することができる。

% sudo mkdir -p /mnt/data

% sudo mount -t ext3 /dev/datavg/datalv /mnt/data