Fedora資料一覧

swap領域を拡張/縮小する

2008/5/20更新

対応バージョン: 8

拡張/縮小それぞれ以下の手順で作業する。

swap領域を拡張する

現状把握

例) /dev/hda2(500MB)をswap領域に使用している場合

% cat /proc/swaps
Filename   Type       Size    Used   Priority
/dev/hda2  partition  522104  44696  -1

% free
          total     used   free shared buffers cached
Mem:     254768   250780   3988      0    2340 216080 ← 物理メモリ
-/+ buffers/cache: 32008 222760
Swap:    522104    44692 477412 ← swap領域

swapファイル作成

例) 1GBのswapファイルを作成する場合

% sudo dd if=/dev/zero of=/var/swap1 bs=1024 count=1024000

% sudo /sbin/mkswap /var/swap1 ← swap領域として初期化
Setting up swapspace version 1, size = 1048571 kB

swap拡張

% sudo swapon /var/swap1

% cat /proc/swaps 
Filename   Type       Size    Used   Priority
/dev/hda2  partition  522104  44692   -1
/var/swap1 file       1023992 0       -2 ← 追加された

% free
          total     used    free shared buffers cached
Mem:     254768   250780    3988      0    2340 216080
-/+ buffers/cache: 32360  222408
Swap:   1546096    44692 1501404 ← swap領域が増えた

OSブート時に有効化する場合の設定

% sudo vi /etc/vfstab
:
/var/swap1  swap  swap  defaults  0 0 ← swapエントリの次行に追加
:

swap領域を縮小する

swapファイルを切り離して削除

% sudo swapoff /var/swap1

% sudo rm /var/swap1

% cat /proc/swaps
Filename   Type       Size    Used   Priority
/dev/hda2  partition  522104  44696  -1

% free
          total     used   free shared buffers cached
Mem:     254768   250780   3988      0    2340 216080
-/+ buffers/cache: 32008 222760
Swap:    522104    44692 477412 ← swap領域が減った

/etc/vfstabからswapファイルのエントリを削除

% sudo vi /etc/vfstab
:
/var/swap1   none  swap  defaults  0 0 ← 削除
: