OpenBoot資料一覧

標準出力をメインのフレームバッファから増設したフレームバッファ側に変更する方法

2007/5/23更新

対応バージョン: 3

以下の手順で作業する。

現在の標準出力(output-device)を確認する

システムの標準出力先はPROMのoutput-device変数で指定できるのでまず現在の設定を確認する。

ok printenv output-device
output-device = screen

デフォルトの設定ではscreenというエイリアス名が設定されている。

以下のコマンドでscreenに対応するフレームバッファのデバイス名を確認する。

ok devalias screen
screen   /pci@1f,0/pci@5/TSI,gfxp@2

使用できるフレームバッファの一覧を表示し、出力結果から標準出力に設定するフレームバッファを選択する

ok show-displays

a) /pci@1f,0/pci@5/TSI,gfxp@2 ← 現在の出力先
b) /pci@1f,0/pci@5/SUNW,m64B@1
q) NO SELECTION
Enter Selection, q to quit:b ←ここで選択する。

選択したデバイスをコンソールデバイスとして設定する

ok setenv output-device <「Control」+「Y」>

設定内容を確認する

ok printenv output-device
output-device = /pci@1f,0/pci@5/SUNW,m64B@1

システムをリセットして設定を反映させる

ok reset

設定を元に戻したい場合は以下のようにoutput-deviceの値を変更する

ok setenv output-device <screenまたはその他のデバイス名>
ok reset