VERITAS VolumeManager資料一覧

rootボリュームに割り当てるデバイスがスライス2(ディスク全体)の理由

2007/10/15更新

対応バージョン: 3.2

DiskSuite等ではrootボリュームとしてスライス0を使用するが、VolumeManagerはこれら既存のスライスから独立してディスク全体(cXtXdXs2)を自身の管理下に置いてRAIDボリューム(DiskSuiteでのメタデバイス)を構成する。これはどのRAIDレベルも同じ扱いである。

例)

# vxdisk -g rootdg list
DEVICE       TYPE      DISK         GROUP        STATUS
c0t0d0s2     sliced    root_disk    rootdg       online
c0t1d0s2     sliced    root_backup  rootdg       online