X Window System資料一覧

ktermで日本語のファイルを表示しても日本語が表示されない

2007/7/29更新

ファイルに格納されている日本語の漢字コードとktermが日本語を表示する時に用いる文字コードが異なっている。

ktermはデフォルトではJISコードとして日本語の文字表示を行う。

ファイルの文字コードがEUC-JPやShift-JISの場合にはktermの文字表示コードをそれらに変更しなくてはならない。

または、なんらかのコマンド(例えばnkf)を用いてファイルの文字コードをktermの文字表示コードに変換する必要がある。

ktermの文字表示コードを変更するためには-kmオプションを用いる。

% kterm -km euc &   ← 表示コードをEUC-JPにする
% kterm -km sjis &  ← 表示コードをSJISにする

これは[Ctrl]+[3ボタン]で表示される「VT Options」メニューからも変更可能である。

また、ktermの文字コードを指定するリソースはKanjiModeである。

KTerm*KanjiMode: euc