Arduino資料一覧

ESP32(ESP-WROOM-32)をArduino IDEから使う手順

2017/06/20更新

対応バージョン: Arduino IDE 1.8.2

ESP32(ESP-WROOM-32)をArduino IDEから使うにはArduino core for the ESP32ライブラリをインストールする。

方法は簡単で、Arduino IDEが~/opt/arduinoにインストールされているとすると以下の手順でOKである。IDEを動かす母艦はUbuntu 16.04とする。

% mkdir -p ~/opt/arduino/hardware/espressif
% cd ~/opt/arduino/hardware/espressif
% git clone https://github.com/espressif/arduino-esp32 esp32
% cd esp32/tools
% python get.py
System: Linux, Info: Linux-4.4.0-79-generic-x86_64-with-Ubuntu-16.04-xenial
Platform: x86_64-pc-linux-gnu
Downloading xtensa-esp32-elf-linux64-1.22.0-61-gab8375a-5.2.0.tar.gz
Done
Extracting xtensa-esp32-elf-linux64-1.22.0-61-gab8375a-5.2.0.tar.gz
Done

尚、Arduino IDEのインストールについては以下を参照のこと。

関連資料・記事

IDEから認識

ライブラリがインストールできたら母艦にESP32を接続してIDEから認識させる。

ここではESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボードを使用する。

ボードは[ツール] > [ボード]から「ESP32 Dev Module」を選択し、その他設定は以下の通りとする。Upload Speedはもっと上げてもよいが転送エラーが発生する可能性があるので環境によって適切な値を設定する。

Flash Frequency: 80MHz
Upload Speed: 115200
Core Debug Level: なし
書込み装置: USBasp

Lチカ

ESP32がIDEから認識できたらLチカをやってみる。

結線は以下の通りとする。

IO 14 → 330Ω抵抗 → LED(アノード) → LED(カソード) → GND

結線したら以下のような単純なコードを書いて実行すればLEDが点滅する。

void setup() {
  pinMode(14, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(14, HIGH);
  delay(250);
  digitalWrite(14, LOW);
  delay(250);
}

参考サイト