CentOS資料一覧

NTPクライアントの設定

2013/09/06更新

対応バージョン: 6.4

設定ファイル記述

/etc/ntp.confを記述する。パラメータについてはFedoraのNTPクライアントの設定と同様なので割愛する。

関連資料・記事

ntpd起動設定

ブート時にntpdが起動しない設定になっているので起動するように設定する。

% chkconfig --list ntpd
ntpd    0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
% sudo chkconfig ntpd on
% chkconfig --list ntpd
ntpd    0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

ntpd起動

ntpdを起動する。

% sudo service ntpd start

確認方法

NTPサーバへの接続状況はntpqコマンドで確認できる。

% ntpq -p
     remote           refid      st t when poll reach delay offset jitter
=========================================================================
*ntp1.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u  436 1024  377  8.928 -0.093  0.079
+ntp2.jst.mfeed. 210.173.160.86   2 u  249 1024  377  9.415 -0.206  1.206
+ntp3.jst.mfeed. 210.173.176.251  2 u  255 1024  377  8.811  0.048  0.084

サーバ毎の接続状況のチェック方法もFedoraのNTPクライアントの設定に記載しているので割愛する。

関連資料・記事