Fedora資料一覧

ISOイメージあるいは通常のファイルをマウントする(mount)

2008/10/21更新

対応バージョン: 9

ISOイメージをマウントして中身を参照するにはmountコマンドを-o loop(ループバックデバイス)オプション付で実行する。

% sudo mount -t iso9660 -r -o loop foo.iso /mnt

ループバックデバイスはブロックデバイスではないISOイメージファイルなどをマウントして中身のファイル操作を行えるようにする機能である。

例えば任意のファイルをext3のファイルシステムとしてフォーマットしてそれをマウントする場合は以下のようにする。

% dd if=/dev/zero of=foo.ext3 bs=1M count=30
30+0 records in
30+0 records out
31457280 bytes (31 MB) copied, 0.0574711 s, 547 MB/s

% mkfs.ext3 foo.ext3 
mke2fs 1.40.8 (13-Mar-2008)
foo.ext3 is not a block special device.
Proceed anyway? (y,n) ← y

% sudo mount -t ext3 -o loop foo.ext3 /mnt

% df /mnt
Filesystem    1K-ブロック  使用  使用可 使用% マウント位置
/tmp/foo.ext3    29745     1401   26808    5% /mnt

関連資料・記事